保育士になりたい人が読むサイト
 
魅力的な仕事保育士 保育士の仕事1 保育士の仕事2 リンク集 サイトマップ
    保育士の仕事2
保育士の仕事2
 正規雇用の保育士なら前ページだけで、1日の仕事が終わりではありません。園児たちが寝ている間には、後で保護者に渡す、連絡帳への記入作業です。状況によってはこの作業の終了後に、若干の休憩が取れる園もあります。

お昼寝の時間が終了すると、再び彼らを遊ばせます。そうしながら、保護者たちを待つのです。保護者が来園すれば、お昼寝の時間に作成した連絡帳を手渡し、昼間気づいた点などを伝えます。子供たち全員が家路についた後にも、掃除などを済ませ、施錠をしっかりと確認してやっと、保育士たちも家路につくことができます。

トップページで書きましたように、保育士として働くためには、保育士資格の取得が必須で、試験合格後も保育士登録のための手続きをした上で、保育士証というものを取得せねばなりません。

どうでしょうか。ここまで読んでいただいて、「結構ハード」と思われた方でも、子供が好きであるとか、やりがいに本当に魅力を感じる人であれば、十分にやっていけるものと思います。保育士は子どもたちと接する仕事と考えていただいて間違いありませんが、こういった文章を読んでも、保護者たち大人ともうまく接する必要があることが、なかなか見えてこないものです。年齢にかかわらず人と接することが好きな人に、向いてる職業であることを、最後に付け加えておきます。
Copyrightc2017 保育士になりたい人が読むサイト All Rights Reserved.